買ったもの T-fal『電気ケトル アプレシア エージープラス』



今のアパートに引っ越して約2年。

飲み物を作る時はフライパンでお湯を沸かし、コップに注いでいました。


2年前はいわゆるミニマリストの典型例な感じで、自分の好みに関わらず、機能性の低いのモノは絶対に買わないと決めていました。

服は白シャツしか着なかったし、書籍もKindleに絞ったり。

それと同じ感じで、「お湯を沸かすという機能しかない」電気ケトル場所を取るだけの不要な存在とみなして自分の持ち物リストには入っていませんでした。



しかし最近は極端なミニマル信仰は弱まり、コーチングの考えを汲み取って自分のゴールに必要なモノは買い揃える方向にシフトしました。


日本茶と和菓子に関してゴールがあるのですが、美味しいお茶を淹れる必要性を考えると、今まで使っていたフライパンだと

  • 味や匂いが付着する(カレー作った直後は最悪)
  • 洗い不完全だと油が、徹底しすぎると洗剤の泡が混入する

ということで不適切になってしまいました。(そもそも調理用でお湯を沸かすこと自体、変なのかもしれませんが)


そこで電気ケトルを購入することにしました。


最初は沸騰するまで温めるスタンダードの電気ケトルを買ったのですが、茶の抽出温度は60,70,80,100℃と様々なので、毎回100℃から適温に下がるまで温度計で測って待つのが面倒になってしまいました。

f:id:tooru0110:20180116211008j:plain


そこでこの商品を返品して、新しく温度調節機能付きのT-fal アプレシア エージー・プラス コントロールを書い直しました。


amazonでの返品の方法は以下のブログ記事を参考にしました。ありがとうございました。
room9.jp


購入した電気ケトルについて

機能

温度調節機能以外に

  • 60分の保温機能
  • 抗菌加工

がありますが、別に飲みたくなったらまた沸かせば良いし、抗菌加工はどのケトルにも付加されているのでそれほど魅力はありません。


また、ケトルの台にモニターが付いており、目標水温をボタンで操作して選択する仕様になっています。


現在の水温も測ってくれるので他の使い方もできそう。


まとめ

13℃から60℃までは1分未満で到達しました。

フライパンだと3分くらいかかるので、この手軽さはとてもありがたい。


でも時間より何より、匂いと混入物からさよなら出来るのが嬉しい(笑)


これから沢山美味しい日本茶を入れたいと思います。



ではでは。