高林堂「かりまんどら焼き/いちご大福」【菓子巡り007】 


宇都宮・オリオン通りでバイトがあったので、高林堂本店に和菓子を買いに行きました。



f:id:tooru0110:20180127092435p:plain

高林堂の代表商品はかりんとう饅頭(通称かりまん)で、宇都宮民なら間違いなく知っている黒糖を使った揚げ饅頭です。


久しく食べていなかったので心を踊らせながら店に行ってみると…‥‥


売り切れ


つらすぎる…。


買いに行った日は金曜日だったから余ってるでしょ、とたかをくくって閉店間際に行ったのが間違いでした。


一番人気商品が無いなら帰ろうと思いましたが今回は高林堂本店初訪問だし、記念に別のお菓子を買うことにしました。

かりまんどらやき(150円)

代表銘菓かりまんに使用している、こだわりのかりまん蜜をどら焼きに練り込み、ふんわりしっとり焼き上げました。
他では味わえない、髙林堂独特の風味の商品です。


中身

普通のどら焼きにはないテカリは砂糖含有率が高いからでしょう。



断面

さほどボリュームはありませんが、かりまん蜜をふんだんに使っているのでしっとり感が強いです。

かりまんシリーズは黒糖の香りや糖分の高さが強めなのでお茶が合います。

いちご大福(230円)

春の旬果栃木県産「とちおとめ」をまるまる一粒。
十勝小豆粒あんでいちごを一粒包んだ、もはや説明不要の人気商品。


オープン型のいちご大福
あまりにオープンなので苺が今にも転げ落ちそうです。



この写真だとわかりにくいですが、大福の内部はたっぷりの粒餡と生クリームの2層構造になっています。
このクリームが本当に美味しい。


いちご大福は1~5月の限定なので、また4月に桜を見ながら食べたい商品ですね。



ではでは。