春木屋「豆大福」(栃木)【和菓子巡り011】


死ぬほどデカイ大福を売っている店があると聞き、宇都宮中心部にある春木屋に行ってきました。



宇都宮の観光名所・二荒山神社のすぐ麓に店を構えています。

春木屋は路面販売ですが、隣にある系列のカレー店AKAI TORIには座るスペースがあります。

AKAI TORIも創業70年の老舗のカレー屋で、東京会館東京オリンピックでコックをした2代目が開発した黒カレーが今でも人気だそうです。



訪問した時は餅菓子しか残っていませんでしたが、きんつばなども取り扱っています。


店の看板に「日本一の大福」と掲げられていますが、これは大きさで一番のことのようです。


f:id:tooru0110:20180212211806j:plain
引用:食べログ

デカすぎ(笑)見た瞬間笑っちゃいました(笑)


こちらの超ジャンボ大福、値段は3300円(税込)。高いのか安いのか分からない…


和菓子が好きな人の誕生日にはケーキの代わりにこちらをどうぞ。

買ったもの紹介

今回は1つしか買わなかったので、紙の小袋に入れてもらいました。



商品は紙袋の中にそのまま入っています。
今回は豆大福にしました。


包丁の切れ味が悪く、切り口が潰れてあんこが下に崩れてしまいました。

割合は餡(つぶ餡):餅=8:2くらいと理想形。


感想

この店舗の近くにある岡埜もちやONODEほど目立った特徴は無かったものの、甘さ控えめで小豆の味がしっかりと感じられました。

be-water.hatenablog.jp

be-water.hatenablog.jp


餅皮も本来は美味しいのでしょうが、帰宅して3時間ほど野ざらしにしたせいでカピカピになってしまいました…。


また今度、友だちの誕生日とかで超ジャンボ大福を買ってみようと思います。楽しみ。

インフォメーション

豆大福 150円 (税込)

住所 栃木県宇都宮市馬場通り2丁目3−10