深川伊勢屋(東京)【和菓子巡り016】

岡山の実家に帰る際、大丸東京に寄って買った深川伊勢屋の和菓子がびっくりするほど美味かったので本店に足を運んでみました。


深川伊勢屋本店は大衆食堂の側面もあるようで、緑のマーカー部分がそのスペースになっています。



平日でしたが桜のピークということもあり、人だかりができていました。大体のお客さんが大量買いしていたので、友達と花見をしながら食べるんでしょうね。



団子・大福の餅菓子以外にも赤飯や煎餅、ところ天など豊富な品ぞろえ。


東京メトロ門前仲町駅から200mとアクセスも良いので、隅田川でたそがれたいあなたはまず深川伊勢屋で大福でも買ってからにしましょう。

買った和菓子

いそべ団子 130円(税込)

いそべ団子=一枚の海苔を醤油団子にくっつける、というイメージでしたが、1個ずつ細長い海苔をクルッと1周巻いています。

見た目の可愛らしさだけでなく、団子のモチモチ感がスゴイ。団子の表面を少し焦がしてあるので醤油の香ばしさも良い感じです。


草もち 160円(税込)

艷やかな緑色、そしてキュッとつまんだ頂上部だけでも他の草餅とは違いますが、餅の弾力・みずみずしさとよもぎの香りは他の草餅を圧倒してます。つぶ餡も沢山詰まっています。ホントに美味しすぎ。


豆大福 160円(税込)

いそべ団子、草もちに続き、餅が美味しすぎ。また少し硬めの赤えんどう豆がゴロゴロと混ぜ込まれているので豆大福らしくて好きです。


おはぎ(つぶ餡)160円(税込)

よくあることですが、バッグに入れてたら変形していました。(購入時はもちろん全体に均一のつぶ餡がコーティングされています。)

内側の蒸したもち米が外側の甘めのつぶ餡と絡み、緑茶によく合いそうです。

どら焼き 180円(税込)

外見はほぼ茶色でスマートで持ちやすいですが、味の方はさほど特徴はありませんでした。餡はおはぎと同じつぶ餡だと思います。




インフォメーション