簡単で旨かった!スモーク味玉(柚子胡椒にんにく味)

先日、ちくわを肴に燻製器での初スモーク記事を書きました。

be-water.hatenablog.jp



今回は第2回目。燻製の定番・味玉です。


幾つかの燻製ブログで素材となる味玉の作り方をチェックしてみましたが、基本的に

「濃縮つゆ(希釈不要)にゆで卵を浸してください」

と、まぁ通常の味玉と作り方は同じだったので、冷蔵庫に残っていたにんにくを処理するために「にんにく 味玉」でググって1番良さげなレシピを使いました。


cookpad.com

〜漬けダレ〜
醤油大さじ4
砂糖大さじ4
酢大さじ1
柚子胡椒お好みの量
にんにく お好みの量
(卵2~3個あたり)


今回は卵6つ使ったので、各々使用量は上記の2倍です。



ジップロックにゆで卵を投入。漬けダレを味見したら普通に旨くて、ご飯にかけて食べたくなるレベル。



半日漬け込んだ後、表面の水分を拭き取って乾燥。今回は時間がなかったので、風乾ではなく温乾で対処しました。



少し話はズレますが、ピチットっていう脱水シートを使うと風乾や温乾の代わりになるそうです。評価もかなり高かったので、メーカーをチェックしてみると、オカモト。オカモトってゴム以外も凄いんだ…。

水分が多めの素材を使う際は活用してみます。

オカモト 業務用ピチット 32R(32枚ロール)

オカモト 業務用ピチット 32R(32枚ロール)



今回もちくわと同じく、サクラチップ6gで15分の熱燻を行いました。

全体的にキレイなこげ茶色が付き、キレイなスモーク味玉に仕上がりました。



内側には漬けダレの味がしっかりと染みていました。(皿の端にある崩れた卵は未燻製の味玉)

柚子胡椒とにんにくの組み合わせ良いな。



味玉は初心者に扱いやすいですが、漬けダレの種類が豊富なので極めがいのある素材だと感じました。


来週も違う味の味玉作ってみます。



ではでは。