ロードバイクをメンテして8ヶ月振りのライドを楽しんできた


今年は暑いですね。


居住地の宇都宮はもう毎日のように猛暑日を連発していて、日中に5分外出する程度でもカラダが無意識に拒絶しようとします。


いつも仕事場の農場までママチャリで1時間かけて行きますが、日光を遮るものがないからまぁ暑い。

ママチャリ以外にもロードバイクを所有していますが、昨年1週間で2本タイヤがパンク(6000円の損失!)してしまってからはずっと部屋の物置に。


使用を中止した時は冬でロードでの移動は寒く、ママチャリがちょうど良かったのですが、今は逆。スピード移動をしないと移動だけで体力を消耗してしまします。




来年か再来年トライアスロンに参加することに決めたことも相まって、ロードを復帰させることにしました。


準備

僕のロードはチューブラー(タイヤとチューブが一体になったやつ)なので、いつも使っているVittoria stradaを購入。

チューブラーも種類は沢山ありますが、普段使いなら安価で耐パンクが施されているstradaがオススメ。(チューブラー使う人はこんなこと知ってると思うけど)

また前回のタイヤ交換から時間が経っていたのでリムセメントクリーナーも合わせて購入。これでリムがきれいになるぞー





パンクしていたチューブラーを外してクリーナーを塗ります。

「表面がふやけたタイミングでタオルで拭き取ります」と指示通りやってみるも、前回使ったリムテープがガッツリ張り付いていてほぼ効果なし。

二度手間ですがテープの残骸を爪で剥がして、もう一度クリーナーを塗ってカスを除去しました。



今回はリムテープではなくチューブタイプを使用。

テープが高かったからという理由での変更でしたが、クリーニングも考えると今後もチューブのほうが良さそうですね。




空気を入れて完成!

タイヤ装着してから気づいたんですが、前後のタイヤの色が違う・・・。見た目ダサい・・・。



どちらかのタイヤがパンクするまではこの組み合わせでやり過ごします。


あとお金が溜まったらコンポーネントも最新の105かアルテグラに変えたい。




久しぶりのロードライドで見た景色はとてもきれいでした。